読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ままのおと

2児の母。今日も元気に爆走中。

初恋の淡い思い出を笑い飛ばしたいと思った。後悔はしていない。

今週のお題「一番古い記憶」

ということで、初恋のことを思い出してみた。

 

私の初恋は幼稚園の頃。

べッタベタで申し訳ないんですが、幼馴染の男の子でした。

女兄弟しかいない私の周りにいた父を除いて唯一の男の子。

母親同士が仲良かったのでいつでも何するのでも一緒だった。

幼稚園も同じクラスで同じ習い事を習い、常に一緒。

どこでもセット扱い。

 

幼馴染モノの恋愛漫画とかドラマって良いですよね。

今も恋仲ってドラマやってますが。

キュンキュンするんです。未だに大好き幼馴染モノ。

小さい頃からいつも一緒にいて、幼い頃に「結婚しようね」なんて約束して、大人になって再会して…

ってベタなシュチュエーションでもキュンとする。

 

そんなベタなことを私もやったわけです。

二人で公園の滑り台の上で、幼馴染の彼に

「○○くん好き!大人になったら結婚しよ!」

って言ったのです。

あまり喋らない子供だった私、こういう時だけ饒舌です。

 

幼馴染の彼の返答はこうです。

 

「りつちゃんのパパみたいに格好良くなったら良いよ」

 

幼い私には謎の返答です。

確かにうちの父は顔だけ無駄に格好良い親父です。

だが結婚するのに?私は女なのに?何故父のように格好良くなる必要があるのか。

訳は分からないけど、父親似だと言われ続けていた私は、今後もこのまま父親似だろう。格好良くなるから結婚できる!と思って

「分かった!」

と返事をしました。

 

それから小学校に入り、しばらく同じクラスになることはありませんでした。

同じクラスでない男女、自然と距離が出来ます。

今までのような距離感ではそうそう話せなくなります。

やっと同じクラスになった6年生の頃。

 

放課後の校庭で二人で他愛ない話をしていました。

何となく恋愛の話になって「○○くんは誰か好きな人おるん?」と聞きました。

彼の返答は「あー…うーん…?」という曖昧なもの。

 

ここで普通なら「私のこと好きだからごまかしてるの?」ってな妙な期待感が生まれます。

しかし、私は幼稚園の頃の告白の返答を覚えている。

そして6年生の私、BLの世界に片足突っ込んだ状態です。

コイツもしかしたらもしかするんじゃね?

と思いながら返事を待ちましたが、上手くかわされ真相は闇の中。

 

それから違う中学高校に通い、彼とはしばらく会わない日々が続きました。

 

月日は流れ、成人式の日。

 

同窓会後、酔っ払った彼が帰り際「ちょっと話あんねんけど」と私を誘います。

暗い夜道の中、ロマンスが生まれることをほんのちょっぴり期待しつつ、彼についていく私。

足を止めて彼が言ったのはこうです。

 

「なぁ。俺ホモやねんって言ったら気持ち悪い?」

 

ううん。知ってたし、むしろウエルカム!

数年越しの謎が解け、もしかしてが確信に変わった瞬間、気持ち悪がるどころか、どことなく嬉しそうな顔した私の方が気持ち悪かったでしょう。

でもカミングアウトして引かれなかったことに安心したようです。

 

昔の父のような顔が好きな彼。

うちの旦那も「いける」だそうです。いや、そこはいかんで良い。

「俺ら好み似てるな」ってあんま嬉しくないww

 

カミングアウトした後、一緒にジャニヲタしてくれてたのに、最近K-POPにとられてしまいました。

ちょっと寂しい。

 

男友達のような女友達のような

微妙な関係の幼馴染との淡い初恋物語でした。

 

私「っていうあんたとの話ブログに書きたいねんけど良い?」

彼「どうせなら面白く書いてや」

 

プレッシャーww

個人のブログに何求めとんねん。

 

はじめての人のためのBLガイド (玄光社MOOK)

はじめての人のためのBLガイド (玄光社MOOK)

 

 

広告を非表示にする