読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ままのおと

2児の母。今日も元気に爆走中。

おしゃれな母ちゃんは好きですか?

美人画報 (講談社文庫)

 

私の母は、あまりファッションにこだわりのない人でした。

可愛い服をねだって買ってもらったものに

「これじゃねーんだよ」感いっぱいだった子供の頃。

 

母自体もあまりおしゃれをしていませんでした。

裕福な家庭ではなかったことも関係しているかもしれませんが。

 

安い子供服って昔はなかったよね。

だから作ってくれていました。

母が作ってくれる服は好きでしたけどね。

そういった面ではとても尊敬しています。

今アルバムを開いて見ても可愛いワンピース着てるんですよね。

買ってくれる服はダサいけど、作ってくれる服は抜群に可愛い。

あれを娘に作れと言われたら無理だ。困っちゃう。

黄色の布に花柄レースの布が重なっているワンピースなんて作れない。

 

そんな思い出から、私は子供にお洒落な服を買って、私自身もある程度お洒落をするということに固執しています。

 

子供の頃こんなことして欲しかったなーってこと子供にやってあげようとするってありません?

私は独身の頃、イベントごとに可愛い服を姪、甥に買っていました。

妹はおもちゃがあまり買ってもらえなかったことが嫌だったんでしょうね。

姪、甥、そしてうちの子達におもちゃを買ってくれます。

 

そんなわけで、私はお洒落に飢えていたんでしょう。

子供の可愛い服に目がない。

動きやすい服の中でも、デザインが可愛いもの。

 

お下がり渡すと何か申し訳なくなるぐらいお礼をもらいます。

可愛い服に子供がとても喜んでいるので心ばかりのお礼を…と言われるんですが

収納スペースがなくて引き取ってもらいたかっただけなのに、

そんなお礼されて逆に気ぃつかうわ!って感じです。

 

 

私自身も基本的にはヨレヨレの服は着ません。

そういう服は部屋着です。

宅配の兄ちゃん、新聞集金のおっちゃん、

いつもヨレヨレ服ばかり見せてごめん(笑)

 

ヨレヨレの服着たお母さんって授業参観の時ネタにされませんでした?

それって子供心に傷つくんですよね。

 

だからといってギャルママになれと言うことではなく

ある程度の清潔感ある服装って大事だと思います。

 

清潔感ある服を着て、ニコニコ笑ってれば可愛いお母さんでしょ。

 

 

雨にも負けず風にも負けず

中略

そういうものに私はなりたい

 

 

広告を非表示にする