ままのおと

2児の母。今日も元気に爆走中。

未だに意味の分からない運動会の思い出

今週のお題「運動会とスポーツの秋」

 

娘の運動会は来週です。

今一生懸命頑張っているそうです。

今年の団体競技はパラバルーンだそうです。

f:id:ritaros:20140929210500j:plain

こういうやつですね。

私も幼稚園の頃やりましたが結構楽しくて好きでした。

見るのは妹の運動会以来なので楽しみですねー。

 

さて、私は運動神経がそこまで悪くなかったので、運動会は好きな方でした。

町内会の運動会にも積極的に参加したり、リレーに抜擢されてもそれなりの働きをする子供でした。

 

が、未だに思い出しても意味が分からず嫌だったという感想しかない運動会の思い出があります。

それが組体操。

組体操は小学6年生が行うまさに運動会の花形。

毎年「6年生格好良いなー私もあんなふうに格好良く出来るかなー」と思いながら見ていました。

 

で、いざ6年生になった私。

私の学年から太鼓に合わせて組体操ではなく、音楽に合わせてになりました。

すっごく楽しみで、どういう風になるんだろうとワクワクしてたんですね。

 

当時ガリガリとはいえ身長163cmぐらいあったんですよ私。

クラスの女子の背の順で後ろから2番目です。

学年でもそれなりに背も高い方です。

 

当然組体操では下でしょ?

誰もが下だと思うよね?

 

しかしサボテン等の二人で行う技で私が抜擢されたのは上。下はクラスで一番背の高い普通体型の女の子。

 

おかしくないだろうか。いや、おかしいよね。

大人しい子供だった私は抗議は出来ないものの、先生に無言の「え?これで良いの?」を訴えました。

下の女の子も明らかに「え…」みたいな顔してるんですよ。

しかし先生は大満足、組み合わせに問題なし!みたいな顔で進めていくわけですよ。

 

ガリとは言え163cmが上に乗れば重いですよね。

本当申し訳ないと思いながら毎回練習していました。

いや私が申し訳なく思うのもおかしいんだけど。先生が問題ありですよ。

しかも肩車だいぶ高くて怖いんですよ。そりゃそうですよね。

165cmの上に163cmが乗るんですから。

サボテンもなかなか安定しないんですよ。

 

体重を考えて私が上だと言うなら何も問題はないんですよ。

でも3人の技はね、私下なんですよ。

 

上に乗るのは155cmぐらいのぽっちゃりの女の子。

彼女は2人の技の時には下で、小さめの女の子を上に乗せてるんですよ。

 

おかしいだろうよコレ。

 

一番背の高い子と155cmぽっちゃりが組んで

私と小さめの女の子が組む

 

これが正常じゃないだろうか。普通はそうだろう。

またも先生に無言の訴え。しかし先生は満足顔。

 

未だによく意味が分からない。

何で先生がそういう組み合わせにしたのかが。

 

他に160cmオーバーの方で上に乗った経験のある方いるだろうか。

恐らく少ないはずです。特に女性は。

今まで組体操の思い出の話になってこの話をすると「え?小学校の頃は背小さかったん?」と聞かれます。

既に160cmオーバーだったと言うと「何でそうなったん?」と言われます。

 

母が一番驚いていましたが。

我が子全員体が大きいというのは分かっているので、上に乗るなんて一切考えていなかったでしょう。

驚きとともに嬉しかったようで、写真いっぱい撮るわ!と張り切っていました。

普段運動会なんて来ない父まで見に来てくれました。

 

家族みんなで楽しみにして見に来てくれた私の組体操の晴れ舞台。

我が家で唯一の組体操で上という輝かしい役。

 

しかし写真に残ったのは、引きつった顔で肩車される私でした。

 

キューティー 体育着 紺

キューティー 体育着 紺

 

 

同窓会に先生が来たら、私を上に抜擢した理由を小一時間問い詰めたいのですが、何故か奴は顔を見せやがらねー。

 

広告を非表示にする
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村